• コース内容
  • 導入事例
  • 講師プロフィール
  • 業務の依頼について
お問い合わせ
導入事例

導入事例

ケース①:製造販売会社A社さま

ケース①:製造販売会社A社さま

【ご依頼の経緯】
社内の人材育成が確立されていない状況。研修は各職務に必要な技術研修、OJTが中心。 まとまった数の新入社員を採用するにあたり、今後のテストケースとしてご依頼いただいた。

■研修テーマ:内定者研修
■対象者:全職種新入社員内定者8名
■期間:2日間
■研修のねらい:
 ①社会人としての心構えをもてるようになるし、
 ②業務に必要な知識を理解する

■内容

【1回目】

内容 詳細内容 形式
①社会人の心構え ■ 働くとは?
■ 学生と社会人の違い
講義 ディスカッション
②求められる力 ■ 社会人基礎力 講義+演習
③仕事の進め方 ■ PDCA
■ 指示の受け方
■ ホウレンソウ(報告・連絡・相談)
講義
ロールプレイング

【2回目】

内容 詳細内容 形式
①ビジネスマナーの基本 ■ ビジネスマナーとは?
■ あいさつと言葉遣い
講義 ディスカッション
②電話応対 ■ 電話応対の基本
■ 電話の受け方
■ 電話のかけ方
講義 ロールプレイング
③名刺交換 ■ 名刺交換とは?
■ 名刺の取り扱い
■ 名刺のもらい方
■ 名刺の出し方
■ 同時交換
講義
ロールプレイング
④総合演習 ■ 電話応対と名刺交換 ロールプレイング

ケース②:メーカーB社さま

【ご依頼の経緯】
これまで体系的な人材育成研修が確立されていない状況。研修は新入社員研修と各職務に必要な技術研修、OJTが中心。中途入社の社員も多く、新入社員よりもキャリアが長い社員に対する接遇マナーの見直しが課題とのことであった。

■研修テーマ:
顧客対応力スキルアップセミナー~よりよい顧客対応をするために~
■対象者:事務系職種40名
■研修のねらい:
 ①ビジネスマナーの見直し、
 ②顧客対応力の向上

■内容

内容 詳細内容 形式
①接遇マナースキルアップ ■ 現状確認
■ 基本の見直し:来客応対と電話応対
*立ち方、座り方、お辞儀の仕方
*話し方(発声、発音)
*電話応対
■ ケーススタディ
講義 演習(ロールプレイ)
グループワーク
②アサーティブコミュニケーション ■ アサーティブとは?
■ アサーティブに伝える ~DESC法~
■ ケーススタディ
講義
グループワーク

ケース③:公的機関Cさま

【ご依頼の経緯】
さまざまな場面で説明する機会も多く、職員のスキルアップのために「プレゼンテーション研修」をとのご相談。基本の理解から実践につなげられるようにしたいとの要望あり。業務の関係で、就業時間後の時間をご希望3時間×3回のコースにて実施。業務で実際に使っているプレゼンテーションの内容を用い、準備から発表まで一連の流れに沿って実践中心の研修を行った。

■研修テーマ:
■対象者:事業所内全職員10名
■研修のねらい:

■内容

【1回目】

内容 詳細内容 形式
プレゼンテーション基礎知識 ■ プレゼンテーションとは?
■ プレゼンテーション力  他
グループワークと講義
プレゼンテーションの準備① ■ 準備の手順
■ シナリオ作成
講義と演習

※2回目までの宿題:1回目の内容に基づき3分間のプレゼンテーションを実施できるようにしておく

【2回目】

内容 詳細内容 形式
プレゼンテーションの実施 ■ 現状確認
■ 話す技術
演習 講義と演習
プレゼンテーションの実施 ■ 立ち振る舞い
■ スライドの見せ方
講義
講義と演習

※3回目までの宿題:パワーポイントのスライドの下書きを用意しておく

【3回目】

内容 詳細内容 形式
プレゼンテーションの準備②
~スライド作成~
■ スライドの役割
■ スライド作成のポイント  他
講義と演習
プレゼンテーションの準備②
~パワーポイントの操作~
■ 基本操作 講義と演習
プレゼンテーションの準備②
~パワーポイントの操作~
■ プレゼンテーションの作成 講義と演習
総合演習 ■ プレゼンテーションの実施
(パワーポイント資料使用)
演習